05

  • 森脇 勇記
  • 水事業部 メンテナンス職 主任
    (2013年 中途入社)
  • MORIWAKI YUKI

本当に感謝される仕事を求めて。

もっと人に感謝してもらえる仕事について、家族も安心させてあげたい。そんな想いで転職活動中に出会ったグローバーは、お客様や社会にとって必要不可欠な事業を展開する会社。本当の意味で感謝される仕事ができる場所は、まさに私が求めていたものでした。会社としてこれから歴史をつくっていく段階で自分にも活躍のチャンスがあると思えたこと、そして面接のときに社長のビジネスに対する強い想いを感じることができたことも入社の決め手になりました。実際、メンテナンス業界の中で、強い想いをもってきちんとビジネスを展開しようとしている会社は多くありません。そこに、いい意味でのギャップを感じたことを覚えています。

他社は、やらない。グローバーは、やる。

メンテナンス職は、主に飲食店様に設置されたグリストラップの清掃・メンテナンスを通して、快適な店舗環境の維持をご支援する仕事です。身体だけではなく頭もフルに使う現場は決して楽ではありません。だからこそ毎日達成感を味わうことができる仕事です。グローバーは、大変だからという理由で他社があまりやろうとしないサービスや手法をビジネスとして追求しているので、実はライバルがほとんどいません。私たちは、誰かがやならければいけない仕事を、私たちにしかできないやり方でお客様と社会に貢献しているんです。だから、グローバーの仕事は絶対に無くならないという自信があるし、お客様から感謝されることでそれを実感できるんです。

人づくりと組織づくり。
仲間とともに、夢の実現に向けて。

現在はメンテナンスチームのリーダーとして、ルート編成や配車、大手取引先との調整などを担っていますが、特に重要な仕事は人づくりと組織づくりです。私たちの仕事は、目の前の作業をこなしていれば良いわけではありません。会社の方針やビジネスの視点をメンバーに浸透させること、視野を広げて考える力を伸ばしてあげること、そして強い組織をつくって会社を良い方向に導いていくことが、いまの私の使命であると自覚しています。幸運なことに、家族のために転職したグローバーで、私はいま家族のような仲間と仕事をしています。この人のためなら頑張れる、そう思える先輩社員が私にいるように、私も目標とされる人になって、家族のような仲間とともに、グローバーをもっともっと良い会社にしていきたい。これが私の目標であり、夢なんです。