01

  • 山田 裕
  • 水事業部 営業職
    (2017年 新卒入社)
  • YUTAKA YAMADA

「一番重要な事業を、一番若いきみに任せる。
その可能性も十分あるよ。」

最終面接では、ぼくひとりに2時間近くも割いてもらったんです。社長を前にして、それはもう、たっぷり話し込みました。大学時代、インカレサークルを立ち上げたこと。会社でも組織づくりがしたいこと。ビジネススキルをガンガン高めていきたいこと。そのためには、どんどん意見が言えてすぐ実行できる会社に就職したいこと。想いのたけをぶつけた。社長の回答はこうでした。「一番重要な事業を、一番若いきみに任せる。その可能性も十分あるよ。」確かに、社長との距離がものすごく近くて、意見を言いやすそう。伸び盛りの会社で、若手が活躍するチャンスも多いはず。とはいえ、そんな大きな仕事を経験させてもらえるのだろうか?そのときは半信半疑でした。ところが入社後、「社長の言葉は本当だった!」と思い知らされることになったのです。

全国展開の大手チェーンや、
誰もが知る大型商業施設。まさか僕が。

嬉しかったけれど、それ以上に驚きました。個人店や全国展開のチェーン店など様々な案件を担当してきましたが、テレビや雑誌で特集が組まれるような、超有名商業施設まで1年目で担当できるとは思っていませんでしたから。そして何より、ビジネススキルを磨く機会をもらえたことがありがたかった。大企業を相手に「会社を代表して話をする」のは、簡単なことではありません。先方は自分の親と同じくらいの年齢。経験の豊富さも決断の速さも段違い。交渉力や提案力など、求められるレベルもとてつもなく高い。最初は上司と一緒にミーティングに参加しても、何が語られているかすらわかりませんでした。でも、一段高いステージでもまれ、ぐんぐんと成長していきました。今ではぼくの携帯電話に直接、「山田君、どうしたらいい?」と相談されるまでになりました。

1年目で人事も兼任。2年目で新人研修のリーダーへ。

一番やりたかった「組織づくり」に関しても、チャンスはすぐに巡ってきました。1年目の秋、たまたま人事のポストに空きが出たんです。もちろん、「ぼくにやらせてください!」と立候補。社長も「やってみるか?任せたぞ」と背中を押してくれました。営業と人事を兼任する日々は、気持ちの切り替えが大変でした。学生との面談を3件担当し、その後にお客様との商談に臨む日もあって。まるで社内にいながら副業をしているかのようなワークスタイルでしたが、確実に成長させてもらっています。2年目には新人研修のリーダーに抜擢。3ヶ月の営業研修プログラムを設計したところ、一人ひとりの長所が伸びていると、社内でも評判に。確かな手応えを感じました。グローバーは今まさに組織を拡大する時期。引き続き組織づくりに携わっていきたいですね。