グリストラップ、エアコン、ダクトの管理、内装工事ならグローバーにおまかせ。チェーン店など複数店舗に(全国)対応してます。

グリストラップ(グリーストラップ)とは

ここでは、グリストラップ清掃について皆様により深く理解していただけるよう、様々な角度からご紹介していきます。

グリストラップ(グリーストラップ)とは

グリストラップを英語で表記すると、Grease(油) Trap(止める、罠)。その名の通り、厨房排水に含まれる油脂分や残飯、野菜くずなどを分離、収集し、排水口や配水管を詰まらせたり、下水に直接流れ込んだりするのを阻止する装置です。
業務用厨房には、グリース阻集器(グリストラップ)の設置が義務付けられています(建設省告示第1597号)。

知っておきたい!グリストラップの構造

グリストラップは、以下の3槽からなっております。

グリストラップ維持管理

A:バスケット清掃は毎日
B:浮上油脂(グリス、油脂スカム)清掃は週1回
C:沈殿物(汚泥)清掃は月1回
D:蓋(ふた)は錆びや老朽化の度合いを見て交換。

グリストラップには厨房排水(残飯、油、野菜くずなど)が蓄積されていきます。そのまま放置しておくと…

グローバーの確実なグリストラップ清掃で!

● 悪臭の発生!
● ゴキブリやハエなどの
  害虫発生!
● 排水管の詰まり、排水の逆流!
● 下流水域への環境汚染!

悪臭や害虫の発生を抑えて、排水管の詰まりによる厨房への逆流も防ぎます。

ご存知ですか?「オイルボール」
グリストラップの汚れは環境破壊につながります!

飲食店から出た廃油(油脂分)が下水管で固まってできる「オイルボール」が東京湾岸に漂着し、 悪臭や水質汚濁の原因になっています。回収量は年間2トンに上り、一向に減る気配がありません。
現在「グリストラップ」の設置が義務付けられた背景にはこのような問題があるのですが、この装置を清掃・メンテナンスしなければ雨水で下水へあふれ出てしまい、何の問題解決にもなりません。

地球環境のことを考えて、是非グローバーのグリストラップ清掃をご利用ください。

▲ このページのトップへ

協力会社募集
新卒採用情報
キャリア採用情報
おまかせ安心管理システム

より良い企業であるために、株式会社グローバーでは積極的に社会貢献に取り組んでいます。産廃プロフェッショナルの認定

  • CSR理念
  • 社員の心構え
  • グローバーの取り組み
  • ステークホルダーからの評価
GlobarスタッフBLOG
代表者ごあいさつ